自毛植毛の手術で薄毛ByeBye│髪の悩みと永遠にオサラバする

医者

手術の方法

悩む

自毛植毛の手術は、非常に成功率が高く95%以上とも言われています。薬などで、あまり効果が出なかったという人も、自毛植毛を行なうことで、高い成果を出している人もいます。自毛植毛の手術には、いくつかの方法があります。FUTと呼ばれる方法は、ストリップ法とも呼ばれるもので、メスで切る手術が行われます。FUTは、後頭部を切除し、その後縫合することから横長のラインのような傷跡が残ります。しかし、ラインの太さは1ミリ程度で細い傷跡なので、髪の毛が伸びてくると傷跡は自然に隠れます。スキンヘッドのような頭髪が出る髪型でない限り、目立つ傷ではありません。そのため、現在の自毛植毛ではFUTを行なっている人も多いです。

自毛植毛の手術では、FUEと呼ばれる方法があります。FUEは、パンチを使って毛根ごと、くり抜くという方法です。くりぬいた後は、毛が生えてこないので、白い点が残っているような形になります。FUEの方法も、髪の毛が伸びると自然に隠れるので、あまり心配はいりません。しかし、広範囲でFUEを行なうと、後頭部が薄くなったと感じることもあるので、広範囲に自毛植毛を行ないたいという場合は、FUTで切除して自毛植毛を行なうという方法が向いています。どうしても手術で傷が残ることが心配な人は、FUEという方法も有効ですが、どの程度移植するかで、どちらの方法が向いているのか異なってきます。どちらにしても、そこまで大きい傷になることはないので、あまり心配せずに手術をうけることができます。

Copyright © 2015 自毛植毛の手術で薄毛ByeBye│髪の悩みと永遠にオサラバする All Rights Reserved.