自毛植毛の手術で薄毛ByeBye│髪の悩みと永遠にオサラバする

医者

手術を受ける

医者

自毛植毛の手術を受けたいと思ったら、まずはカウンセリングを受けることが大切です。カウンセリングでは、問診や採血、頭皮のチェックなどが行なわれます。植毛が可能と判断された場合は、クリニックからどのような治療が行なわれるのか、治療方針や料金、手術のリスクや手術の流れなどの説明が行われます。カウンセリングで納得したら、手術の日時などを決定していきます。手術前は洗髪や消毒が行なわれ、頭皮の状態を清潔にします。ドナーと呼ばれる毛髪を移植する部位を確認した後に、局所麻酔が行なわれドナーを採取していくという流れです。麻酔で痛みがないため、手術中に痛みを感じるということはありません。採取されたドナーは、株分けが行なわれます。株分けされた毛根は、そのまま新たな部位に埋め込まれ、植毛されます。手術が終了すると縫合され、ガーゼが当てられて終了です。

自毛植毛の手術後は、翌日に後頭部のガーゼが取り除かれ、3日後に植毛された箇所のガーゼが取り除かれます。そして、2週間後には後頭部の抜糸が進み、治療は完了というようになります。手術後、一時的に植毛された髪の毛が抜け落ちることが有りますが、毛髪サイクルの流れに沿ってまた新たな髪の毛が生えてきます。3ヶ月もすると、新たな髪の毛が生えてくるので、その後は特にメンテナンスも不要なまま、今まで通り自分の髪の毛として扱うことができます。自毛植毛の手術は、ただ行えばいいというものではありません。医師によっては、生え際が一直線になってしまったということや植毛した部分が不自然ということもあります。そのため、実績のあるクリニックに依頼することが大切です。

Copyright © 2015 自毛植毛の手術で薄毛ByeBye│髪の悩みと永遠にオサラバする All Rights Reserved.